2014年7月4日金曜日、宮城大学大和キャンパスにて、デザイン情報学科(メディア系)特別講義VI の授業に、山梨知彦先生(建築家,株式会社日建設計、宮城大学客員教授)と松田達先生(建築家、東京大学助教)のお二人による講義が行われました。
今年度(前期)の授業では「映画」を主題とした御講義をお願いしています。
山梨先生からは映画草創期の様々な技術への挑戦にはじまり、現在の映像制作のアマチュアリズムと建築デザインにおけるBIMとの関係をお話いただきました。
後半のトークセッションでは、山梨先生、松田先生のお二人ディスカッションに、学生からの鋭い質問が介入され、刺激的な授業になりました。

後半のディスカッションで特設ステージを縁側のように使って議論する松田達先生(左)と山梨知彦先生(右)

各授業ごとに制作されるポスター。デザインはデザイン情報コースの松原理恵さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー