宮城大学事業構想学部デザイン情報学科空間デザインコースの機関誌、DECADE の最新号+6 が発行されました。
今年のテーマは STRIDE 。
「大股で歩く」という意味ですが、学生が意気揚々と前進するイメージも持たせつつ、震災から3年目を迎える宮城でのデザインを考える上で、その大きな歩みを学生作品、建築家、クリエイターの発言から読み解いて行きます。
巻末掲載の日建設計の山梨知彦による、これまでのDECADE 総論は、この冊子の持つ精神が端的に表現されていて、これまで発行に関わってきた卒業生や先輩達のなみなみならぬ仕事が報われる内容のコラムです。

今年の表紙デザインは度肝を抜く赤と丸。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー