月刊エレガンスイブ2013年1月号に「A Book for Our Future, 311」の活動がコミック記事として掲載されました。
東日本大震災発災以来、研究室の学生、被災地の方々と取り組んできた復興活動がコミック化されました。
ながしずてぬぐいプロジェクト、長清水番小屋建設、高台+平地プロジェクト、その他数々のワークショップや地域の皆さんとの交流、恊働の様子が80ページにわたり紹介されています。
作画をしてくださったのは あしだかおる さん。
執筆にあたり、多くのご苦労をおかけしてしまいましたがこうしてこれまでの活動を一覧することのできる見事なコミックがしあがり、今後の取り組みへの活力にもつながることになりそうです。
(秋田書店のウェブサイトより記事の紹介を抜粋)
「<シリーズ震災>3.11 あの日を忘れない」
絶望からの再生を目指す人々を描く、迫真の長編ドキュメンタリー、カラー80P!Good Design
●あしだかおる  取材協力/宮城大学・中田千彦研究室
津波で壊滅的被害を受けた南三陸町・長清水集落。集落の高台移転に大学の研究室が取り組むことに…!!

月刊エレガンスイブ2013年1月号 (C) 秋田書店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー