2011年の春に竣工した都内のインテリア プロジェクトです。
マンションの一室、10畳のオーディオルームの改修をさせていただきました。
お施主さんはオーディオが趣味で、以前より自宅マンションの一室をオーディオ ルームとして使われていましたが、マンション竣工時に作り付けた設備だったものを今回おもい切ってリニューアルする事に。
一人自宅で音楽を聴きながらあれこれ思いを巡らせるための空間をご希望でした。

本漆塗りの建具は床から天井までの高さで収納部分をカバー。開けても閉めても魅せる収納をデザインしました。

床も漆塗り仕上げ。壁面は白漆喰の左官仕上げとアルカンターラの貼込みをしています。お施主さんご自慢のオーディオは英国のLINNというメーカーです。

主な仕上げと仕様
•オレンジ色の建具は本漆喰仕上げ(土岐謙次氏製作)
•床フローリングは床暖房対応の栗材に漆塗り(三種類のグレーに塗装し、施工時にランダムに貼り上げています。土岐謙次氏製作)電熱シート式床暖房。
•入口の開閉式のスイッチパネルはカーボンファイバーの樹脂成形に漆塗り。(土岐謙次氏製作)
•壁面は部屋の2面を白漆喰左官仕上げ(下地はメタルシートとグラスウール、石膏ボードを使った防音仕様)、その他の2面にオーディオラック(黒)と人工皮革のアルカンターラ(黒)を貼込み、空間のコントラストを出しています。
•天井は吸音材を貼ったパネルをタイリングしその合間に照明レールを敷設。
•窓は防音二重窓。
•入口ドアは既存の防音ドアを流用。
•オリジナルソファーはフレームを特注し、皮革をお施主さんの経営する繊維問屋さんから仕入れて製作。

開閉式のスイッチパネル。内部のスイッチ類の突起をモチーフにした有機的なデザイン

設計:中田千彦
担当:末木章介
漆塗りとスイッチパネル製作/デザイン:土岐謙次
写真:(C) KAMIYAMA PHOTO STUDIO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー