2013年12月1日(日)に、宮城大学恒例となった第九合唱+演奏会が開催されます。
今年で3回目となるイベントに、宮城大学の学生有志による装飾デザインが実施されました。
第九の数字「9」をモチーフに、大和キャンパス本部棟の大階段を彩るデコレーションです。
デザイン監修
高山登
デザイン指導(デザイン情報学科教員)
土岐謙次 中田千彦 
デザイン担当(デザイン情報学科)
4年 文屋泰斗
3年 大塚麻希 齋藤杏菜 鈴木実訓 
設置担当(デザイン情報学科)
4年 文屋泰斗
3年 荒井鈴菜 大友あかり 大塚麻希 大森一樹 小嶋美香 齋藤杏菜 鈴木実訓 松原理恵
1年 佐々木尚人 竹村佳晃 
ポスター+チラシ デザイン(デザイン情報学科)
4年 文屋泰斗 
3年 鈴木実訓
トートバッグ デザイン(デザイン情報学科)
4年 文屋泰斗
3年 鈴木実訓
今年は第九公演のポスターデザイン、トートバッグの図柄のデザインも、同じ学生有志が取り組みました。

公演前日の11月30日(土)に行われた設営作業の様子

タイトルが第九で宮城を元気にしよう!であることから、元気になるようなカラーを抽象的に混ぜ合わせ、曲そのものと曲を聴き元気になる人々を表現しました。

金と黒を使用することで、金管と合唱団を、そして、オーケストラの力強さ、第九の格調の高さを表現しました。

楽譜入れにぴったりなトートバッグを、ポスターに合わせたカラーで作りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー